読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものを語り尽くす

webシステム、プログラミング、映画、音楽、yutube、楽器、ガレージバンド、将棋など

過酷な新聞配達をした新聞社はどこですか?

f:id:m-watari:20170202085814j:plain

先日のブログで、新聞配達の話を書きましたが、やはり、内容的には、あり得ないみたいで、

 

『それどこの新聞?』

 

と聞かれました。それは言えません

その新聞販売所が悪いわけではなく、私が配達員として入った新聞販売所

私が担当したルートが過酷だっただけではないかと思います。

 

 

 

その後いい新聞社に出会う

そして、その後、1年だけですが、とても親切な新聞販売所で新聞配達ができました。

 

内容(昭和61年くらい)

月給:8,000円

配達時間:30分

 

 

です。眠いのを我慢して、外へ出ればすぐに終わってしまうので、楽勝でした。

 

さらに、雨、雪の日など、朝早く電話がかかってきて、

 

『今日は雨で、大変そうだから、配達しておいたから、今日はいいよ』

 

といって、配達してくれるのです。

もちろん、給料の天引きもありません。

 

それまで、苦労してきた、新聞配達を差し引きできたように思えます。

その新聞社は

 

赤旗新聞です

 

別に、家族が共産党指示、共産党員でもなく、私に限っては共産党という言葉すら知りませんでした。

 

今でも、共産党指示ではありませんんが、足を向けて眠れない気持ちです。

 

 

 

友人が配達していたいい新聞社 

そして、友達の新聞配達につきあったことがあります。

 

中国新聞(広島の新聞社)でしたが、

 

やはり、40分程度で済み、楽でした、さらにそこは年に2回、

選べるギフトから、選んだ商品をもらえるという羨ましいプレゼントがありました。

 

 

 

人生の選択の重要性を学ぶことできたように思えます。

 

 

アフィリエイトで稼ぐツールキーボット

ブログが続かない人はこれでアフィリエイト


DMM FXは初心者向け